アクション(シーンが多い・迫力)最高評価おすすめ映画一覧

アクション最高評価おすすめ映画一覧

アクションが最高評価の洋画・アジア映画おすすめ一覧です。

アクションシーンの多さや迫力のアクションを高く評価しています。

スカイスクレイパー(2018年)

スカイスクレイパーの評価

ドウェイン・ジョンソン主演のアクションスリラー映画で、過去の事件で左足が義足の元FBI捜査官が、香港のハイテクシステムを搭載する世界最大のビルでセキュリティを担当し、そのビルで犯罪組織がテロを起こして宿泊する家族が巻き込まれるストーリーです。

家族を救出するために命懸けのアクションを見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon スカイスクレイパー

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2017年)

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの評価

トム・クルーズ主演の人気シリーズ6作品目のスパイアクション映画で、IMFという秘密諜報組織に所属する主人公が、チームの仲間と共にテロ組織と戦うストーリーです。

ガンアクションからカーアクション、スカイダイビングまでアクションシーンが豊富で、トム・クルーズがスタント無しで自ら危険なアクションを演じています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ミッション:インポッシブル/フォールアウト

ワンダーウーマン(2017年)

ワンダーウーマンの評価

ガル・ガドット主演のスーパーヒーロー映画で、女性だけが住む島で育ったアマゾン族の並外れた身体能力を持つ主人公が、化学兵器まで使用する人間たちの戦争を終わらせるために、人間が住む外の世界へ旅立つ映画です。

撮影のためにトレーニングして鍛えたガル・ガドットの美しさと、ワイヤーとCGを駆使した迫力あるアクションが見どころです。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ワンダーウーマン

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年)

ワイルド・スピード ICE BREAKの評価

第8作目となる人気シリーズのカーアクション映画で、ヴィン・ディーゼル演じるドミニクが悪の組織に脅迫され、仲間を裏切り大量破壊兵器の電磁パルス砲を奪うことから始まるストーリーです。

ヴィン・ディーゼルの他、人気プロレスラーのザ・ロックことドウェイン・ジョンソン、人気俳優のジェイソン・ステイサム、悪役としてシャーリーズ・セロンなど豪華俳優陣が出演し、リアルな映像美と迫力のカーアクションが見どころです。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ワイルド・スピード ICE BREAK

バーフバリ2 王の凱旋(2017年)

バーフバリ2 王の凱旋の評価

興行収入270億円を記録した歴代1位のインド映画バーフバリ 伝説誕生の2作目で、前作は主人公バーフバリの誕生から伝説までを描き、本作は父バーフバリと子マヘンドラ・バーフバリの物語で、古代王国の兄弟による王位継承争いと小国の美しき王妃を取り合うストーリーです。

インド映画特有の歌と踊りの融合と、CGを駆使した大迫力のアクションシーンを見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon バーフバリ2 王の凱旋

ジョン・ウィック:チャプター2(2017年)

ジョン・ウィック:チャプター2の評価

キアヌ・リーブス主演の人気シリーズ第2作目で、前作のジョン・ウィックで激闘を繰り広げた伝説的な殺し屋の主人公が、過去に恩のある相手から暗殺の仕事を依頼され、ターゲットの護衛や依頼した相手が口封じのために主人公の命を狙うストーリーです。

序盤から終盤までリアリティのある近接のアクションシーンが多い作品になっています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ジョン・ウィック:チャプター2

メカニック:ワールドミッション(2016年)

メカニック:ワールドミッションの評価

ジェイソン・ステイサム主演のクライム&アクション映画で、メカニックと呼ばれた殺し屋の主人公が、平穏に暮らしている日々を過ごしていた中、幼少期に暗殺者として一緒に育てられた依頼人から、裏の世界を操る武器商人の大物フィクサー3人を暗殺する難題を与えられる映画です。

ジェイソン・ステイサムの渋さと鍛え上げられた肉体美、そしてメカニックと呼ばれるほどの計画された暗殺術によるアクションが見どころになります。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon メカニック:ワールドミッション

バーフバリ 伝説誕生(2015年)

バーフバリ 伝説誕生の評価

インド国内で歴代最高収入額を記録した2部作のインド映画で、赤ん坊から大人に育った主人公バーフ・バリが滝の上にある王国に興味を持ち、滝登りを繰り返し王国に乗り込み伝説が誕生するまでの数奇で壮大なストーリーを描く物語です。

主人公バーフ・バリの強さと、CGを駆使した王国や戦場、迫力ある大軍勢のアクションが見どころになります。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon バーフバリ 伝説誕生

ヒットマン:エージェント47(2015年)

ヒットマン:エージェント47の評価

人気ビデオゲームを実写化したアクション&サスペンス映画で、企業の組織に雇われたヒットマンが、感情も恐怖も罪の意識も持たない完璧な殺人マシンのエージェントを計画して成功させた人物を探すストーリーです。

人間離れしたエージェントが様々な場所で繰り広げるアクションを見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ヒットマン:エージェント47

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝(2011年)

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝の評価

ジェット・リー主演の中国のアクション映画で、明・成化年間の時代(1465年~1487年)に専横を極めていた西廠と主人公の戦い、そして埋もれた宮殿の財宝を狙う者たちの武俠物語を描いたストーリーです。

剣などの達人たちによるワイヤー&CGを使用した迫力のアクションシーンが多い作品になります。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝

ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル(2011年)

ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコルの評価

トム・クルーズ主演の人気シリーズ第4作目で、核ミサイルの発射コードが記載されている機密ファイルが盗まれ、不可能作戦部隊IMFの主人公と仲間が機密ファイルと過激人物を探すストーリーです。

イーサン・ハント演じるトム・クルーズのハイテク機器を使用した迫力の潜入アクションを見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル

ザ・レイド(2011年)

ザ・レイドの評価

インドネシアのアクション映画で、約20人のSWAT部隊が麻薬の強制捜査のために麻薬王がいる高層ビルに突入し、SWAT部隊が麻薬王の手下や住民たちと戦うストーリーです。

最初から最後まで格闘のアクションシーンが多い作品になります。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ザ・レイド

アンストッパブル(2010年)

アンストッパブルの評価

デンゼル・ワシントン&クリス・パイン主演の実話&パニック映画で、ベテランを解雇してコスト削減をする鉄道会社に、低賃金として雇用された新人がベテランに貨物列車の操作を教えてもらう一方、人員のミスで貨物列車が無人で暴走してしまうストーリーです。

39両の貨物列車による暴走と鉄道会社の緊迫感をリアルに描写し、序盤から終盤まで暴走アクションが多い作品になっています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon アンストッパブル

ランボー 最後の戦場(2008年)

ランボー 最後の戦場の評価

シルヴェスター・スタローン主演のランボーシリーズ第4作目で、アメリカの元軍人が紛争地域に単独で潜入して多数の敵を相手に奮闘する人気映画です。

本作は、ミャンマーで陸軍から弾圧される少数民族に物資を届けたい支援団体を送り届け、その支援団体が陸軍に捕まったことで救出しに行くストーリーで、リアルな戦闘シーンを描写し、60代ながらもシルヴェスター・スタローンが凄まじいアクションを演じています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ランボー 最後の戦場

トロイ(2004年)

トロイの評価

ブラッド・ピット主演の歴史&戦争映画で、3200年前の古代ギリシャを舞台にスパルタの王妃をトロイの王子が連れ帰り、スパルタ率いるギリシャの大軍と最強の戦士アキレスがトロイに攻めてくるストーリーです。

登場する兵士の数が歴代No.1と思われる大軍勢の戦いと、ブラッド・ピット演じる最強の戦士アキレスの強さを見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon トロイ

タイトルとURLをコピーしました