映像美(映像が美しい・綺麗・迫力)最高評価おすすめ映画一覧

映像美 最高評価おすすめ映画一覧

映像美が最高評価の洋画・邦画おすすめ一覧です。

映像が美しい、綺麗、迫力ある映画を評価しています。

MEG ザ・モンスター(2018年)

MEG ザ・モンスターの評価

ジェイソン・ステイサム主演のSFスリラー映画で、中国の上海沖にある海洋研究所の探査艇が海底で通信不能になり、過去に海底の救助経験のある主人公が探査艇を救助しに向かうと、海底で200万年前に絶滅した超巨大サメのメガロドンと遭遇するストーリーです。

CG感少なく描写し、サメをテーマにした映画の中で過去No.1と思える迫力の映像を見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon MEG ザ・モンスター

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの評価

アベンジャーズシリーズ第3作目で、タイタン人が6つ集めると全宇宙のほとんどの生命を塵と化すストーンを狙い、アイアンマンなどアベンジャーズらが地球にある2つのストーンを守り、タイタン人率いる軍団と戦う2部構成のストーリーです。

地球だけではなく宇宙まで舞台にした大規模な世界観と、スーパーヒーローと敵が戦う迫力のアクションシーンを描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年)

ランペイジ 巨獣大乱闘の評価

ドウェイン・ジョンソン主演のSFパニック映画で、大企業が出資する遺伝子研究を行っていた宇宙ステーションが爆発し、研究のサンプルが地球に飛来したことで、霊長類学者と仲の良いゴリラを含む一部の動物が巨大になって大暴れするストーリーです。

CGの違和感の無いリアルなゴリラと、巨獣が暴れっぷりが見どころです。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ランペイジ 巨獣大乱闘

猿の惑星:聖戦記(2017年)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の評価

猿の惑星9作目となる新シリーズ完結作のSFスリラー映画で、復讐心を持ったエイプによって引き起こされた猿と人間の戦争から2年後、生き残った人間の軍隊と人間の知能を持つシーザー率いるエイプとの戦いを描くストーリーです。

人間をモデルにCGを使用したリアルなエイプを描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年)

ワイルド・スピード ICE BREAKの評価

第8作目となる人気シリーズのカーアクション映画で、ヴィン・ディーゼル演じるドミニクが悪の組織に脅迫され、仲間を裏切り大量破壊兵器の電磁パルス砲を奪うことから始まるストーリーです。

ジェイソン・ステイサムやドウェイン・ジョンソン、シャーリーズ・セロンなど豪華俳優陣が出演し、迫力のスピーディーなカーアクションと最先端の機器、そして過去シリーズの中でスーパーカーを含む最も多い台数の車が登場しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ワイルド・スピード ICE BREAK

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年)

ゴースト・イン・ザ・シェルの評価

日本のアニメ攻殻機動隊を原作としたスカーレット・ヨハンソン主演&ビートたけし助演のSFアクション映画です。

人間が人口パーツで自らの身体を義体化した未来で、全身を機械(シェル)で覆う組織がサーバー犯罪やテロ行為を取り締まり、組織の一人が自分に植え付けられた過去の嘘を解き明かそうとするストーリーになります。

近未来の街並みや乗り物、武器、そして義体化(サイボーグ化)した人間の世界観をCGで描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ゴースト・イン・ザ・シェル

グレートウォール(2016年)

グレートウォールの評価

マット・デイモン主演のアジア映画で、一定の周期で現れる怪物と戦うため、中国の万里の長城で準備してきた軍隊たちが無数の怪物と戦う場所に、強力な武器を求めて中国に来た精鋭の主人公が巻き込まれるストーリーです。

万里の長城を活かして様々な武器で戦う軍隊と、中国神話の怪物である饕餮(とうてつ)を迫力の映像美で見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon グレートウォール

ドクター・ストレンジ(2016年)

ドクター・ストレンジの評価

ベネディクト・カンバーバッチ主演のスーパーヒーロー映画で、事故によって両手の神経を失った天才外科医が、師の元で過酷な修行によって魔術師に生まれ変わり、世界を破滅に導く悪の魔術師と戦うストーリーです。

魔術師による時空を操る戦いを描写した迫力の映像美を見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ドクター・ストレンジ

シン・ゴジラ(2016年)

シン・ゴジラの評価

ゴジラシリーズの第29作目の邦画で、東京湾に巨大生物(シン・ゴジラ)が現れ、東京に上陸して街を破壊しながら進む巨大生物と自衛隊が戦うストーリーになります。

現在(2016年)の日本に近い時代背景と、シン・ゴジラと自衛隊の戦いを迫力ある映像美と音楽で描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon シン・ゴジラ

ウォークラフト(2016年)

ウォークラフトの評価

コンピューターゲーム原作のファンタジー&アクション映画で、強力な魔術を持つ者によってオークの大群を人間が住む世界に送り込み、人間とオークの戦いを描く壮大なストーリーです。

人間をモデルにCGを使用したリアルな動きをするオークや、魔法を含む迫力ある戦いとファンタジーの世界観を描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ウォークラフト

レヴェナント:蘇えりし者(2016年)

レヴェナント:蘇えりし者の評価

レオナルド・ディカプリオ主演の実話&スリラー映画で、西部開拓時代1823年のアメリカ北西部の極寒地帯の雪原で、毛皮ハンターの仲間が先住民に襲われ、多くの犠牲者を出しながら何とか逃げると、雪山の道中で巨大な熊に襲われ瀕死の重傷を負ってしまうストーリーです。

レオナルド・ディカプリオの迫真の演技と、リアリティのある雪原のサバイバルアクション、雪山に生息する生き物、そして自然の映像美を見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon レヴェナント:蘇えりし者

オデッセイ(2015年)

オデッセイの評価

マット・デイモン主演のSF映画で、宇宙飛行士の主人公がアクシデントによって火星に置き去りにされ、残りの食料と植物学者の知識を使いながら助けを待つストーリーです。

火星や宇宙船などをリアルに描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon オデッセイ

インターステラー(2014年)

インターステラーの評価

クリストファー・ノーラン監督のSF&ミステリー映画で、異常気象で人類滅亡が近い時代に、運命に導かれた元飛行士の主人公が家族と人類を助けるため、宇宙船で移住可能な星を探すストーリーです。

宇宙船や宇宙、惑星、星などを違和感なくリアルに描写し、愛嬌のある人工ロボットが登場したり、迫力ある映像も多々あります。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon インターステラー

アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

アメイジング・スパイダーマン2の評価

アンドリュー・ガーフィールド&エマ・ストーン主演のスパイダーマンシリーズ第2弾の最終章で、高校3年生の主人公が研究所でクモに噛まれて超人的な力を身につけ、大切な者を守るためにスパイダーマンとして悪と戦うストーリーです。

初代シリーズを超える迫力の映像とアクションを描写しており、失踪した両親の謎も描いています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon アメイジング・スパイダーマン2

ミュータント・タートルズ(2014年)

ミュータント・タートルズ(2014年)の評価

アメリカン・コミックスで人気のティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズを実写化した5作品目となる新シリーズの映画で、亀の姿をした喋る4人組のニンジャ・タートルズが悪い軍団と戦うストーリーです。

今までの作品のように着ぐるみを着ていたりCGと分かりやすいタートルズではなく、違和感の少ないリアル感のあるタートルズを描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ミュータント・タートルズ

ヘラクレス(2014年)

ヘラクレス(2014)の評価

プロレスラーのザ・ロックで有名なドウェイン・ジョンソン主演の歴史映画で、紀元前358年に傭兵ヘラクレスが仲間と共に、王女を反乱軍から助けようとするストーリーです。

ギリシア神話時代の兵士や城などを再現し、軍勢同士の迫力ある戦いを見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ヘラクレス(2014)

猿の惑星:新世紀(2014年)

猿の惑星:新世紀(ライジング)の評価

猿の惑星8作目となる新シリーズ2作目のSFスリラー映画で、人間が開発した新薬のウイルスによってエイプたちが人間と対立後、猿インフルエンザが蔓延し発電が停止された世界で人間の生き残りと、人間の知能を持つシーザー率いるエイプの仲間の裏切りを描くストーリーです。

新シリーズは人間をモデルにCGを使用してリアルなエイプを描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon 猿の惑星:新世紀(ライジング)

ゼロ・グラビティ(2013年)

ゼロ・グラビティの評価

サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニー主演のSFパニック映画で、地球の600キロ上空でミッション遂行中に、ロシアが自国の衛星をミサイルで破壊したことで破片が別の衛星に次々と衝突し、自分らも巻き込まれて無重力空間に放り出されるストーリーです。

宇宙の衛星や宇宙ゴミ、宇宙から見える地球、無重力空間、そして人類にとって過酷な宇宙空間を描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ゼロ・グラビティ

ワールド・ウォーZ(2013年)

ワールド・ウォーZの評価

ブラッド・ピット主演のホラー&パニック映画で、突如として現れたゾンビたちが人々を襲い始め、噛まれた者がゾンビに変わる世界規模の感染が蔓延する中、家族を守る元国連職員の主人公がウィルス学者を連れて最初にゾンビの情報を送った場所に向かうストーリーです。

リアル感のあるような大多数のゾンビを描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ワールド・ウォーZ

エリジウム(2013年)

エリジウムの評価

マット・デイモン主演のSF映画で、21世紀末の汚染が悪化し人口過剰となった地球に住む貧困層の人々が重病を直そうと、超富裕層が住む宇宙のエリジウムというコロニーに向かおうとするストーリーです。

ロボットが治安を守る地球や宇宙のコロニースペース、怪我や病気を治すマシンなどを違和感なく描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon エリジウム

ダークナイト ライジング(2012年)

ダークナイト ライジングの評価

クリスチャン・ベール主演のバットマン新シリーズ(ダークナイト・トリロジー)で、凶悪犯から街を守るために富豪でバットマンの主人公が戦う結末を描いた最終章(第3作目)です。

多額の資金で開発した飛行するザ・バットや太いタイヤが横回転するバイク=バットポッドなどの迫力の乗り物が登場します。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ダークナイト ライジング

タイタンの逆襲(2012年)

タイタンの逆襲の評価

サム・ワーシントン主演のタイタンの戦いの続編を描いたSFファンタジー映画で、神々の王であるゼウスを捕らえて巨神クロノスの復活させようと2人の神が裏切り、主人公が父親でもあるゼウスを救いに行こうとするストーリーです。

古代ギリシャ時代の世界観や神々、そして伝説の生き物を描写し、1作品目よりCGの違和感が少なく迫力が増しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon タイタンの逆襲

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年)

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンの評価

シャイア・ラブーフ主演のSFアクション映画シリーズ第3作目(第1部完結編)で、前回のオートボットとディセプティコンの戦い後に、ディセプティコンのメガトロンが協力者の人間を利用して、オートボットを倒す計画を実行するストーリーです。

多数のトランスフォーマーが登場して、前作より迫力の映像とアクションを見ることができます。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル(2011年)

ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコルの評価

トム・クルーズ主演の人気シリーズ第4作目で、核ミサイルの発射コードが記載されている機密ファイルが盗まれ、不可能作戦部隊IMFのエージェントである主人公と仲間が協力し、機密ファイルと過激人物を探すストーリーです。

ブダペストの刑務所、モスクワの宮殿、ドバイの高層ビルなどを舞台に潜入アクションの迫力の映像美を描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル

インセプション(2010年)

インセプションの評価

レオナルド・ディカプリオ主演のSFスリラー映画で、相手の潜在意識に侵入し重要情報を盗み出す産業スパイの主人公が、日本人実業家に競合企業を破滅させる考えを特定の人物に植え付ける要求をされるのと、潜在意識に亡き妻が現れる主人公の葛藤を描いたストーリーです。

夢の中に潜在意識として侵入したり、現実空間の状況によって潜在意識の状況も変わる斬新な世界観を描いています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon インセプション

ターミネーター4(2009年)

ターミネーター4の評価

人気映画「ターミネーター」シリーズ4作目のSFアクション映画で、クリスチャン・ベール&サム・ワーシントンが主演を務めています。

自我に目覚めたAIコンピューターが人類を攻撃して世界を支配し、生き残った人類の救世主となる男とマシーンの体にされた男の2人が、重要な宿命を持つ少年を助けようとするストーリーです。

ターミネーターや様々なマシーンをCG感少なくリアルに描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon ターミネーター4

2012(2009年)

2012の評価

ジョン・キューザック主演のSFパニック映画で、太陽フレアの影響で地球の世界各地で地割れや地震が発生し地殻の崩壊が迫る中、G8の代表者の避難計画を知ったSF作家の主人公が家族を連れて避難するストーリーです。

地割れや巨大地震、噴火、津波など迫力のシーンが多数あります。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon 2012

トランスフォーマー/リベンジ(2009年)

トランスフォーマー/リベンジの評価

シャイア・ラブーフ主演のSFアクション映画シリーズ第2作目で、敵と戦った人類と宇宙から来たロボットが手を組んで敵の残党と戦い、敵の生き残りが復讐するために地球を支配できる力の情報を持つ大学生の主人公を狙うストーリーです。

乗り物がロボットに変形するトランスフォーマーが前作より多く登場し、人類の軍用機も活躍する迫力の映像を描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon トランスフォーマー/リベンジ

アバター(2009年)

アバターの評価

世界興行収入歴代1位を記録したSF&ファンタジー映画で、地球人が高価な鉱石と先住民の研究のためにパンドラの星に行き、車いす生活の主人公が先住民の姿のアバターを遠隔操作し、先住民と仲良くなって鉱石を狙う地球人たちと対立していくストーリーです。

広大な自然や先住民、動物、基地、アバターなど独創的な世界観をCGの違和感の少ない映像美で描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon アバター

トランスフォーマー(2007年)

トランスフォーマーの評価

タカラトミー発売の変形ロボット玩具を実写化したSFアクション映画シリーズ第1作目で、地球を支配して新たな軍団を作ろうと企むメガトロン率いるディセプティコンと、地球を守るために宇宙から来たオプティマス・プライム率いるオートボットの戦いを描くストーリーです。

乗り物がロボットに変身して戦う迫力のアクションシーンが見どころです。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon トランスフォーマー

アポカリプト(2007年)

アポカリプトの評価

俳優のメル・ギブソンが監督を務める歴史スペクタクル映画で、マヤ文明時代に中央アメリカの密林地帯に住む民族たちの生活や争い、そして自分の家族らを襲った民族に立ち向かう主人公を描いた物語になります。

当時の民族の見た目をリアルに再現し、森の中を疾走するシーンを違和感なく描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon アポカリプト

アイランド(2005年)

アイランドの評価

ユアン・マクレガー&スカーレット・ヨハンソン主演のSF映画で、大気汚染の世界で生き残った人々が最新のテクノロジーで作られた施設に入り、抽選で当たるアイランドという汚染の無い島に行けない主人公が立ち入り禁止区域で恐るべき真実を知るストーリーです。

未来的な建物や乗り物が登場し、人気SF映画のトランスフォーマーシリーズを制作したマイケル・ベイが監督になります。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon アイランド

トロイ(2004年)

トロイの評価

ブラッド・ピット主演の戦争&歴史映画で、3200年前の古代ギリシャの時代に、同盟を結んだスパルタの王妃をトロイの王子が自国に連れ帰り、スパルタ率いるギリシャの大軍と最強の戦士アキレスがトロイに攻めてくるストーリーです。

古代ギリシャの人々や建物、そして数えきれないほどの大船団と大軍を描写しています。感想(ネタバレなし)を読む

Amazon トロイ

タイトルとURLをコピーしました