グランド・イリュージョン 見破られたトリックの感想&ネタバレなし

グランド・イリュージョン 見破られたトリックの評価
グランド・イリュージョン 見破られたトリックを見ました。

2016年に公開されたアメリカの映画です。

ほぼネタバレ(結末など)無しで紹介します。

あらすじ

30年前にマジックの脱出ショーで父親を亡くしたディラン・ローズ(マーク・ラファロ)は、FBI捜査官としてフォー・ホースメンに協力していた。

フォー・ホースメンのアトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)、メリット(ウディ・ハレルソン)、ジャック(デイヴ・フランコ)、ルーラ(リジー・キャプラン)の4人は、銀行や保険王から金を奪いファンに金をばらまいたことでFBIに追われていた。

一方、30年前の脱出ショーで司会を務めたサディアス・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)は、フォー・ホースメンが起こした事件で濡れ衣を着せられて刑務所に収監された。

ある日、フォー・ホースメンは陰謀を暴き出すために巨大IT企業オクタ社のイベントを乗っ取ると、何者かによってホースメンの正体を暴露され、会場から脱出したが中国のマカオにワープしてしまう。

その後、死亡したはずのオクタ社の共同経営者ウォルター(ダニエル・ラドクリフ)に捕まり、地球上のあらゆる機器に侵入できるチップを盗むよう命令されるのであった…。

監督・出演

監督:ジョン・M・チュウ

出演:ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、デイヴ・フランコ、リジー・キャプラン、ダニエル・ラドクリフ、モーガン・フリーマン

アメリカの俳優で当時32歳のジェシー・アイゼンバーグなどが出演しています。

評価

評価
(5段階)
内容
おすすめ度 ★★★★ おすすめ
〇全体的に明るめの雰囲気
ストーリー ★★★ 普通
△非現実的でリアリティ少なめ
熱中度 ★★★ 普通
あまり熱中できなかった
△シリアス感少なめ
アクション ★★★ 普通
マジック&近接アクションなど
映像美 ★★★★ やや良い
マカオやロンドンの街並み、マジックなど
〇マジックのタネ明かしを描写

感想

ジェシー・アイゼンバーグなどが出演するクライム&コメディ映画で、マジックを利用する正義の犯罪集団が巨大IT企業の陰謀を暴き出そうとすると経営者に捕まり、地球上のあらゆる機器に侵入できるチップを盗むよう命令されるストーリーです。

コミカルな要素が多い全体的に明るめの雰囲気の作品で、マジックとチームワークを利用した計画、そして終盤のイリュージョンとタネ明かしが見どころになります。

しかし、マジックのレベルの高さや一部のマジックが非現実的でリアリティは少なく、またコミカルな要素が多くてシリアス感も少なく、あまり熱中できませんでした。

催眠術を多用する設定も気になりましたが、マジックをテーマにしたクライム&コメディ映画を見たい方にはおすすめの作品です。

Amazon グランド・イリュージョン 見破られたトリック

モーガン・フリーマン出演のおすすめ作品
ダニー・ザ・ドッグの感想&ネタバレなし
ダニー・ザ・ドッグを見ました。 2005年に公開されたフランス・アメリカの映画です。 ...
タイトルとURLをコピーしました