ソードフィッシュの感想&ネタバレなし

ソードフィッシュの評価
ソードフィッシュを見ました。

2001年に公開されたアメリカの映画です。

ほぼネタバレ(結末など)無しで紹介します。

あらすじ

ガブリエル(ジョン・トラボルタ)は、過去にDEA=麻薬取締局が極秘作戦「ソードフィッシュ計画」で残した95億ドルを手に入れるために世界一のハッカー2人を呼ぶことにした。

世界一のハッカーと言われる男が空港で捕まり、仲間で恋人のジンジャー(ハル・ベリー)はハッカーの帝王であったスタンリー(ヒュー・ジャックマン)を大金で呼ぶことに成功する。

一方、FBIのロバーツ捜査官(ドン・チードル)は、自分の手で捕まえた仮釈放中のスタンリーが空港で発見され、スタンリーと謎の女ジンジャーを捜査していく。

その後、スタンリーは再婚した元妻と暮らす幼い娘ホリーを親権裁判で取り戻すため、ガブリエルに協力していくが錯覚=ミスディレクションの罠にハマっていくのであった…。

監督・出演

監督:ドミニク・セナ

出演:ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、ドン・チードル、サム・シェパード 他

アメリカ出身の俳優で当時47歳のジョン・トラボルタ、オーストラリア出身の俳優で当時33歳のヒュー・ジャックマン、アメリカ出身の女優で当時35歳のハル・ベリーなどが出演しています。

評価

評価
(5段階)
内容
おすすめ度 ★★★★ おすすめ
ストーリー ★★★ 普通
△細かい部分が描かれていない
熱中度 ★★★★ やや良い
最後まで飽きずに見れた
アクション ★★★★ やや多め
ガン&爆破アクションなど
〇迫力のアクションシーンあり
映像美 ★★★★ やや良い
アメリカの街並み、空港、取調室、屋敷など
〇迫力のアクションを描写

感想

ジョン・トラボルタとヒュー・ジャックマン主演のクライム&アクション映画で、ハッカーの帝王と呼ばれた男が元妻から娘を取り戻すため、過去に麻薬取締局が残した95億ドルを手に入れようとする組織のボスに協力していくと錯覚の罠にハマっていくストーリーです。

冷酷でありながらユニークなキャラを演じるジョン・トラボルタと若き頃のハル・ベリーの美人さ、そして迫力のアクションシーンが見どころになります。

やはり、ジョン・トラボルタは本作や2009年公開の「サブウェイ123」のように個性的な悪役が似合うと映画を通して分かります。

しかし、犯行に及ぶボスの具体的な動機や冒頭の場面になる前(人質を取るまでの過程)など細かい部分は描かれておらず、またCG感のあるアクションシーンが幾つかありました。

当時のCG技術を考えると良いと思うので、ハッカーをテーマにしたジョン・トラボルタとヒュー・ジャックマン主演のクライム&アクション映画を見たい方にはおすすめの作品です。

Amazon ソードフィッシュ

ジョン・トラボルタ主演のおすすめ作品
サブウェイ123 激突の感想&ネタバレなし
サブウェイ123 激突を見ました。 2009年に公開されたアメリカの映画です。 ほぼ...
リベンジ・リストの感想&ネタバレなし
リベンジ・リストを見ました。 2016年に公開されたアメリカの映画です。 ほぼネタバ...
タイトルとURLをコピーしました